2021年02月26日

もうすぐ3月です。

 もうすぐ3月、春はそこまできている。

 リハセラピストたちの国家試験も先日実施された。
合格発表まではドキドキの日々だろう。
 全員の合格を祈っている。

 私も37年前、1984年にOTの合格発表を待っていた。
今は3月下旬の合格発表だが当時は、合格発表は4月下旬か5月上旬だったように記憶している。

 すでに4月1日から鹿児島県のI市立病院に入職していた。

 合格したからよかったが、もし不合格だったらどうなっていただろう。

 自己採点でもギリギリのレベルだった。

 よく受かったものだと自分でも思う。

 臨床実習で小児発達分野の実習を落とし、養成校の先生の温情で
翌年の国家試験の直前(国家試験の1週間前)まで再度の
小児発達分野の臨床実習に臨んでいた。

 
 
 養成校では、国家試験の勉強している友人たちの横で、小児実習課題を調べていた。

 何とか実習に合格し、いざ国家試験勉強を始めたのは、1週間前❣

 東京は何年かぶりの大雪で私は風邪をひいてしまい熱発した。
しかし、寝込むわけにいかず必死で国家試験問題集を解いた。

 映画「八つ墓村」(古い!)みたいにタオルを頭に巻いて
氷を入れて勉強した。

 あの1週間は、まさしく全集中だったと思う。

 一人アパートで国家試験問題を解いているとOTSの友人たちが
私を元気づけようとアパートに顔を出す。

「川本さん、一緒に国家試験勉強しよう!」

私は「俺は、自分のやり方で集中する。お前たちは勝手に勉強してくれ!」

 必死に問題集を解く私の横で友人たちは、優雅にガヤガヤと勉強していた。

あの時の友人たちと私は全員合格した。

 先日と今日、OT2名とST2名の求人で熊本県、鹿児島県の養成校の先生方に挨拶に伺った。
国家試験の出来次第で、これから就職先を探す学生さんを求めて伺った。

 全員に「桜咲く、合格」を切に願っている。先生方も同じ気持ちだろう。

 そんなことを想った一日だった。

 日々是好日。感謝。



posted by 川本 at 16:03| 鹿児島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月23日

久しぶりのブログです。

 2月は、リ経研学会、全国地域作業療法研究大会など
大きなイベントが連続であった。

 特にリ経研学会は、第10回の記念学会となり
当社が担当した。

 当社から学会長にOTのKさん、副学会長にOTのOさんが
選出され、2/7(日)に開催された。

 司会進行も当社の介護福祉士Iさんが担当した。

 シンポジウムも当社のOTのTさん、Oさんが担当した。

 今回は、Web学会だったが、参加者は、リ経研各社から183名
の参加者があった。

 テーマは、「共に生きる」

 当社の若いスタッフが頑張ってくれて盛会のうちに終了した。

 感謝の一日だった。日々是好日。
posted by 川本 at 16:42| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月09日

令和3年始動!

IMG_7556.JPGIMG_7558.JPG

 今年最初のブログである。今日は朝から雪景色!

全事業所とも通常営業としたが、安全第一である。

 利用者さんの休みも結構あったが、本日ご利用された
方は、営業に感謝されていた。

526.JPG

 今年もウエルカムボードが利用者さんを暖かく迎える。
デイ西出水の松下さん、いつも作成ありがとう!

 寒い日々が続くが、あと3週間もしたら節分、立春である。
机の上には、節分の企画書が上がってきている。

 冬来たりなば、春遠からじ。

 コロナ感染拡大で1都3県に緊急事態宣言が出された。
宣言を要請する府県もあり、まだまだ拡大しそうだ。

 しかし、できる範囲で季節を楽しみたい。
 
 デイ西出水のフロアからは、「鹿児島弁のラジオ体操」が流れている。
鹿児島弁の語りに皆で笑いながら体操した。

 今年も、笑顔あふれるリハシップでありたい。

日々是好日。感謝。

 
posted by 川本 at 14:14| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月28日

仕事納めです。

 今日、12月28日は当社の仕事納めである。
IMG_7551.JPG

  デイ西出水のウエルカムボード、松下さん、皆さん
楽しい素敵なボード作成ありがとうございました。

 フロアからは、スタッフと利用者さんが「一年ありがとう!
来年もよろしくお願いします。良いお年をお迎えください」と
声を掛け合っている。

 コロナ禍に始まりコロナ禍に終わる一年だった。

 来年は、コロナ禍が終息し笑顔あふれる一年であってほしい。

IMG_7077.JPG

 いろいろあった一年だった。

 無事に仕事納めを迎えることができた。
ありがとうございました。

 来年も、よろしくお願いします。
日々是好日。感謝。
posted by 川本 at 16:08| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月03日

12月になりました。

 12月になって私も発達と訪問で現役復帰することになった。

 ST1名の12月退職にともない新規募集STがくるまでの
ピンチヒッターである。

 STに早く来てほしい!発達も訪問も通所も、やりがいがあります!

 1999年にSTの国家資格を取得し、OTとのダブルライセンスで
仕事をしていた。

 2004年にリハシップ あいを起業後もSTとOTの業務を担当していた。

 現役のST、OT業務を引退したのは、起業してちょうど10年目の2014年である。

それまでは、デイと訪問で毎日動き回っていた。

 先週からSTの引継ぎを受けている。

 発話明瞭度、タ行置換、構音のゆがみ、失語評価、嚥下訓練、計画書、報告書など
現役時代の知識と技術をあらためてかき集めている。

 今日は、午前中に担当STから訪問利用者さんの引継ぎと
午後から訪問での実地引継ぎである。

 何とかなるだろうという思いと何とかせねばという思いと
交錯している。

 引継ぎの内容は、ほぼ理解できた。イメージも湧いてきた。

 Mさん、Nさん、Kさん、Jさん(皆ST)たちが構築してくれた
リハシップのST取り組みに感謝したい。

 「中継ぎ」としてST職務を全うし、次のSTに引き継ぎたい。

 さて、訪問STの準備をしよう!


 日々是好日。感謝。



posted by 川本 at 12:30| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月28日

チームについて

 チーム(Team)は、グループが使命(ミッション)を
共有したときに始まる。

 今年は、コロナ禍の影響で会社をあげてのイベントは
軒並み中止となった。仕方ないが残念である。

111.JPG

 昨年の鶴翔祭(出水市の夏祭り)の写真である。
起業してから、毎年参加している。

 チーム(Team)のT、e,a,mは、それぞれ以下のように言われている。
trust=信頼
effective communication=効果的なコミュニケ―ション
action oriented=行動志向(まず行動する姿勢)
mix knowledge=皆の知識や技術を共有する

 まずはお互いの信頼が大切である。
信頼の上に、あうんの呼吸で意思を伝達し
動き、自分の果たすべき役割を全うする。

 会社も「チーム」である。
まずは率先垂範。地域の「ど真ん中company team」でありたい。

 そんなことを考えた一日であった。日々是好日、感謝。

追記:現在、次期介護報酬改定に向けて訪問看護看護師6割配置規制案が
  検討されている。当社でも、反対署名活動に全社を挙げて取り組んで
  いる。
   先ほど、デイに利用者様ご家族が、わざわざ署名用紙を届けてくだ
  さった。お住まいの地域を回られて、15名の署名を集めていただい
  た。私たちは、利用者様とともにいる。涙が出るほどうれしかった。
   感謝!


posted by 川本 at 12:48| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月27日

第1回 リハシップ学会開催!

 11/22(日)に起業して16年目にして初めて、会社内での
第1回リハシップ学会を開催できた。

IMG_7377.JPG 

 コロナ禍の中で3密を避ける方法を当社教育部が
企画した。

 学会の出席率は、90%!計72名のスタッフが参加した。

 会場は、「デイ西出水本館」と隣接地にある「ぷらす館」の
2会場とした。

 学会テーマは「知る」。知っているようで知らない各事業所の
取り組みを学会形式(1演題発表7分、質疑3分)とし、当社の
9事業所が発表した。

IMG_7373.JPG

IMG_7375.JPG

 発表後の質疑応答もしっかりとして大変よかった。

 私も30分の時間をもらい「地域のど真ん中company Teamを目指して」と
題して話した。

 演題発表後は、参加者全員でQRコードでの携帯からの
投票で、優秀演題賞を3演題選び表彰した。

IMG_7422.JPG

 学会参加者、発表者、教育部、全員で作り上げた学会だった。

 学会参加者にはお弁当とお茶を準備し、コロナ対策のため
今回は会食を避け、持ち帰りとした。

 9事業所の発表を聴きながら感慨深いものがあった。
人も会社も成長できるという実感を持った。

 感謝の一日だった。日々是好日。
















posted by 川本 at 15:46| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

早起き

 早起きするには早寝がいい。

昨夜は、午後8時に寝たら今朝は5時に目が覚めた。

 せっかく早起きしたので、ルアーでの太刀釣りに
行ってみた。

 太刀魚は釣れなかったが、コウイカが2匹釣れた。

早起きは三文の得というが、三文の価値はあるようだ。

 日々是好日。感謝。
posted by 川本 at 15:28| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

経営について

 経営について考えてみたい。

 「経営」の語源は、紀元前8世紀に周の詩人が
「始祖文王が、霊台という祭壇を築き建国の象徴と
したことを追想して終始し、『これを経し、これを営す』、
庶民これをおさめ、日ならずして成る」と謳っている。

 「経」は、縦の線を引くことであり、
「営」は、周囲を囲むことである。

 意味は、荒れ地などを開墾する場合に、「経」は縦に区画すること
「営」は、工事地域の外枠を決めることとなるようだ。

 転じて、「経営」の意味は、仕事を切り盛りすることになる。

 会社の経営は、「人・もの・お金」のバランスの良い配分とも言える。🏢

 「人」に重点配分をしすぎると「人件費=固定費過多」となり経営を圧迫する。
しかし、人を軽視するとよいサービスはできない。

 「もの」に重点配分をしすぎると「設備費過多」となり、ロスが多くなる。

 「お金」に重点配分しすごると「金儲け主義=金の亡者」となり、社会から敬遠される。

 会社経営では、複数の事業を同時に安定運営できた方がリスク分散となる。

 コロナ禍でも、旅行業や観光業、交通事業、飲食業などは、大きな損失となった。

 一方、ホームステイ化でゲーム系、オンラインショップ、宅配などは収益を上げた。

 明暗を分けることになったが、予測は不可能と思う。

 会社の使命は、スタッフの生活を守り、利用者さんの健康と元気を支え社会貢献
することである。

 経営が難しい時代となったが、良いサービスは必ず生き残ると思う。

 今は、足元をしっかりと見て一歩一歩着実に歩いて行こうと思う。

 デイ西出水ではフロアから、利用者さんとスタッフ、共生型放課後等デイの子どもの
声が賑やかに聴こえている。

 「人」・「もの」・「お金」を大切にして、経営していきたい。

 今朝、スタッフの御父上がご逝去された。

 当社スタッフ一同、心よりご冥福をお祈りいたします。



posted by 川本 at 16:01| 鹿児島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月26日

10月も、もう少しで終わりですね。

 10月も、あと一週間で終わりである。

光陰矢の如し。月日が過ぎるのは、本当に早い。

 昨日の日曜日は、妻と里山の畑作業をした。
ジャガイモ、ブロッコリー、ニンニク、玉ねぎ、そら豆を植えた。

 さつま芋🍠は、見事にイノシシ🐗に食べられてしまった。

 防護柵はしていたが、穴をあけて侵入していた。

 もうすぐ収穫しようと考えていたが、その夜に食べられた。

 しばらくは心が折れていたが、知恵は人間の方が
上のはずである。

 妻は、さっそく100均ショップに行って「犬のお面3個」と
「ゴリラのお面2個」を買ってきて、発布スチロールで目玉を
作り、発行塗料(青色)を塗って仕上げた。

 家の階段に5個のお面が置いてあるが、夜中に
ボオッーと目玉が10個光っているのに遭遇すると「結構怖い」

 たぶんイノシシにも効果あると思う。
あと、目玉2個を針金でつないだ「物」も2つある。
 これもかなり怖い。

 イノシシとの対決が楽しみである。

 先週は、10/19(月)に7月の豪雨災害で浸水した
S保育園へ「積み木贈呈」を行った。

 当社の5か所のデイ利用者さんが、建築廃材を利用して
心込めて作った「積み木」である。

 デイ水俣の利用者さん2名と飯塚施設長、S保育園との縁を結んだ
ここすてっぷ水俣の上野施設長と私で贈呈した。

 新聞社も4社取材に来ていただいた。感謝。

 贈呈した積み木で無心に遊ぶ子どもたちに皆笑顔だった。

 10/23(金)は、デイ隈之城の利用者さんYさんがK小学校に行って
得意の「包丁研ぎ」の「業(わざ)」を披露する「匠の私業(しわざ)」
プロジェクトを見に行った。

 包丁を砥石で研ぐYさんに、子どもたちも興味津々だった。
校長先生も「いい取り組みですね」と感心されていた。

 1時間ほどで、校長先生が持参された包丁など5本と
学校の教材の小刀14本を、Yさんが研いだ。

 物を大切にする心と業が織りなす時間だった。

 デイの利用者さんが自分の得意な作業で、地域と交流することは
大変意義があると思った。

 日々是好日。感謝。



posted by 川本 at 12:59| 鹿児島 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする